勃起不全になっても諦める必要はありません!EDになる要因を正しく理解して、論理的にEDを改善していきましょう。

薬を飲む人
  • ホーム
  • 薬を使わないEDの治療方法について

薬を使わないEDの治療方法について

黄色のカプセルと瓶

薬を使わないでEDを治療するためには、精力剤が役立ちます。
勃起力を即座に高める作用はありませんが、減退していた精力を復活させることは可能です。
年齢を重ねるにつれて、性欲の衰えを感じる方は多いでしょう。
これは性行為に対する慣れが一番の原因ですが、血行不良により男性機能が低下している可能性もあります。
男性機能は30代に突入すると、顕著に低下してくるものです。
下半身の血行が悪くなると、勃起時に陰茎海綿帯を膨張させる力が弱くなります。
これを解消するためには、血行を促進していくしかありません。
精力剤をおすすめする理由は、副作用の心配がないことです。
ED治療薬を使用する場合は、少なからず副作用はあります。
最新の薬ほど副作用は弱いですが、これは気づきにくいだけです。
安全にEDを治療していくには、薬に頼らない方法がベストでしょう。
日常生活で手軽に実践できるED治療には、肥満解消、血行促進などがあります。
適正体重を維持することが最大のED予防になるのです。
血行を促進させるためには、動脈硬化を予防していく必要があります。
高血圧、高血糖、高脂血症などは、いずれも勃起力を減退させます。
これらの症状以外でも、生活習慣病と呼ばれるものはEDを促進するので注意が必要です。
早寝早起きはペニスを元気にするための基本です。
睡眠の質が悪くなると、確実にストレスが溜まってしまいます。
過剰なストレスは自律神経のバランスを崩して、心因性のEDを促進してしまうのです。
心因性とは日常生活におけるストレス、不安、悩みなどに起因する症状のことです。
ストレスを解消するためにも、質のよい睡眠は欠かせません。
早寝早起きを習慣とすれば、自然とペニスも元気になっていくものです。